もにぶろぐ

日常と、音MADと、ソシャゲと。


ご案内...
当ブログは画像を多用しております。
キャリア回線などデータ通信量に制限がある環境で閲覧中の方は通信制限などにご注意の上閲覧していただければな、と思います。

リングフィットアドベンチャーをしすぎたら歩けなくなったお話


f:id:moniblue:20210627005128p:plain

個人に合う運動負荷を!

注:これはノンフィクションです。運動するときは無理のない範囲で動くようにしましょう。

これは5月19日の夜のことだった。

 ここ最近体重の増加がかなり気になってしまい、去年12月頃にNintendo Switchを購入、以来リングフィットアドベンチャーをプレーし続けていた。

5月19日のプレー前、「運動負荷を上げてみないか」とゲーム側より打診があった。私はさらなる高みを目指せるのなら、と思い運動負荷を通常より3段階ほど上げてプレーしていた、のだが。

23時31分頃、筋肉痛のピークが来る

 そう。どういうわけか突如として体が動かせなくなってしまったのである。いや、正確には上半身は動くのだが下半身が筋肉痛によってなのか全くもって動かせない自己責任の半金縛りみたいなものである。

幸い、上半身が動くことからTwitterは出来るのだが、問題はここからである。

運動後には風呂に入るようにしている

....そう、体が動かせないので風呂にも入れないのだ。困った。

汗がしみる下着を着てベッドに転がりながら私は思う。これどうすればいいんだろう、と。

 さらにこの翌日は勤務であるため、どうあがいてでも下半身を動かさなければならない

勤務は基本的に立ち仕事となるため、座れる場所がどうしても少ない。そのため、この問題は一晩にて解決しなければならないのだ。鬼か?

24時01分 風呂へ行き始める

 幸い、実家ぐらしのため母を呼ぶことが可能。この状況を打開するためにまずお風呂へ入りたいので、母に介護してもらい風呂場へ向かい始める。

事故現場から風呂場までの距離は5mにも満たない。しかしこの距離ですら介護が必要なくらい、私の下半身は死んでいた。情けない話である。

 約5mの距離を4分もかけて移動し、ようやく風呂場へ。着座し、足をほぐしながらじっくりと体を流す。

私にとって風呂は日々の生活の中で最も重要な時間と考えている。

出来ればこの時間を大切にしたい。しかし下半身がほぼ動かない状態であるため足を曲げられないわ浴槽にぶつけるわでてんわやんやであった。

普段は30分~40分ぐらいで出るが、この日は特に時間を要し約1時間で出場。足をほぐして入った結果...

25時11分 多少の歩行能力を取り戻す

 え?そんなのだけで回復するの?と思った貴方。

私もそう思いました。マジで?

 

 健康用のソフトで健康を脅かす、一体どういう意味なのか....

 

 なんと寝れた。

寝れたのだが、心配なのは翌朝。また翌朝から勤務が始まる。

 

出勤できたの?

 出来たよ?

 

  終

制作・著作
━━━━━
 ⓃⓃⓃ